女優 川口春奈さんが体験 シャネルの新コレクション スリリングに魅せる私が輝くモードアイ

自分でも気づかなかった新しい魅力を、いつもドキドキするほど美しく洗練された名品で
引き出してくれるシャネル、その最新の「アイメークアップ コレクション」はいつにも増してスリリング!
夜のミステリアスな魅力からインスパイアされたメタリックな輝きや妖艶なテクスチャーの数々……、
心浮き立つモードな色と質感が、女優、川口春奈さんをどこまでも妖艶に美しく。

about Make-up

ダブルラインがつくる
強い眼差しと無垢な唇で
夜だけの小悪魔に

抗いがたい魅力を生み出しているのがペンタイプのアイカラー、スティロ オンブル エ コントゥールが彩るダブルラインの目もと。フレームとアイホールを強調することで、ハートを射貫くレーザービームのような眼差しに。リップは強い目もととは対照的に、素を生かしてイノセントに。

LOOK 1 [ 使用アイテム ]

EYE : オンブル プルミエール クレーム 838 スティロ オンブル エ コントゥール 04、08 EYELASH : ディマンシオン ユルティム ドゥ シャネル 10 CHEEK&SHADE : レ ベージュ プードゥル ベル ミン アンソレイエ ミディアムライト LIP : ルージュ ココ 474

心ときめくモードなメイクで夜の街にくりだそう

きらめくイルミネーションとその影が夜の街を妖しくスリリングに変えるように、女性たちをより美しくミステリアスに変貌させるのがシャネルの「新アイ メークアップ コレクション」。グローバル クリエイティブ メークアップ&カラー デザイナー、ルチア ピカが提案するダブルラインは、目もとをミステリアスに彩り、相手のハートにまっすぐ突き刺さるような魅惑的な眼差しに変えてしまう。デイタイムのいつもの自分は脱ぎ捨てて、さあ、エキサイティングなナイトアウトに出かけよう。

HOW TO MAKE-UP

ダブルラインのモードな目もとは、ペンシル2色使いが鍵。まずアイホールにオンブル プルミエール クレーム 838 (H)でまぶたを整え、スティロ オンブル エ コントゥール 08 (A)で上の目の際を目頭から目尻へ。まつげの根元を埋めるようにラインを入れ、目尻は5ミリのばし、はね上げる。先端を起点に、アイホールに沿って黒目の外側まで描き、綿棒でぼかして。下側は04(B)で描く。

シャドウとしてもアイライナーとしても優秀! するするとなめらかにのびてムラにならず、重ね塗りも自在だから何色か組み合わせてもキレイ。もちろんオススメはライン使い。水ににじみにくいので、インサイドラインや彫りを演出するダブルラインも美しく簡単に描ける。

スティロ オンブル エ コントゥール 右から04、06、08、02 各¥3900(すべて7/6発売)

MOVIE 「私が輝くモードアイ」

about Make-up

メタリックに輝く目もとは
スイートだけど危険な香りが

きらめくコッパーや甘いピーチピンクのコントラストが、表情をこんなに悩ましく変えてしまうなんて。最新の4色パレットが生み出すのは、誘惑のスパイスがぴりりと効いた魅惑の眼差し。イルミネーションの輝きを閉じ込めたように女っぽくスイートなのに、どこか危険……。

LOOK 2 [ 使用アイテム ]

EYE : レ キャトル オンブル 304、オンブル プルミエール プードゥル 46 EYELASH : ディマンシオン ユルティム ドゥ シャネル 10 CHEEK : ジュ コントゥラスト 99 LIP : ルージュ ココ 432、グロス ヴォリューム 

HOW TO MAKE-UP

ラ バーズ オンブル ア ポピエール (C)でベースを整え、レ キャトル オンブル 304 (E)のコッパーブラウンをアイホールの内側全体と目の下の際の目尻寄りに。二重と目尻の下に右下のグレープを重ねる。目頭の下側にピンクをきかせ、さらにオンブル プルミエール プードゥル 46 (F)を目頭を囲むように入れて輝きを。マスカラは黒をたっぷりつけて目もとを引き締めて。リップはピンクベージュでナチュラルに。下唇の中央にだけ透明グロスを重ねて、女らしい艶やかな口もとに。

心ときめくモードなメイクで夜の街にくりだそう

夜の帳が下りると現れる鮮やかなエレクトリックカラーや沈み込むようなマットな影、瞬く輝きを閉じ込めた、スリリングなコレクション。洗練されたカラーや質感は角度を変えるだけで表情が一変し、見る者を虜に。すっと目もとにのせただけで、夜の魔法が、大胆でミステリアスな魅力を生み出してくれる。

アイテムの詳細を見る

協力/シャネル カスタマーケア

0120・525・519

LOOK 1 : ドレス/シャネル LOOK 2 : ブラウス/シャネル

staff credit

  • モデル:川口春奈
  • 撮影:五十嵐隆裕(SIGNO)
  • メイク:耕万理子(SIGNO)
  • ヘア:Takeshi(SEPT)
  • スタイリスト:後藤仁子
  • 取材・文:近藤須雅子