1. すべての女性たちへ送る―スキンケアで人生が変わる時代へ

すべての女性たちへ送る
スキンケアで人生が変わる時代へ

進化するエイジングケアに支えられ、肌のあり方も心のあり方も若くなった。そんな今、思うのだ。
「美しさ≠若さ」と。まったく新しい美の価値観とは? そしてそのためのスキンケアとは……?

特別寄稿

ビューティエディター松本千登世

雑誌や単行本など、美容や人物インタビューを中心に活動。『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。今日も「綺麗」を、ひとつ。』(講談社刊)ほか、著書多数。

美しさも化粧品も、ドラマチックに進化!

まわりに影響を与える人が美しい

とびきり美しい人を目の前にするとつい、こんなふうに思いはしないだろうか? 「この人を育てたお母様も絶対、綺麗よね」「この女性の隣には、素敵なパートナーがいるに違いない」「美しい人のまわりには美しい人が集まるから、彼女の友だちもきっと美しいはず」。人は人と響き合うもの。人は人と高め合うもの。だから、美しさが美しさを引き寄せ、伝染し、循環し、連鎖し、昇華する……。まわりと自分との関係の中でこそ、美しさは意味があるし、価値がある。ずっと前から、いや本能的に、私たちは、この真実を知っていたのである。

ところが、美しさは目に見えるようでいて見えなかったり、言葉にできるようでいてできなかったりするもの。だから、知らず知らずのうちに、わかりやすい美の基準、すなわち、具体的な外見や造形の理想を定め、それに向かっていたのだと思う。顔は小さいほうが、目は大きいほうが。まつげはすーっと長いほうが、唇はぽってりと厚いほうが。グラマーなほうが、とか、スレンダーなほうが、とか。そして、究極は……、若いほうがいい、みたいに。女性たちの意識が先か、化粧品の進化が先か。どちらにせよ、実際、造形や外見を変えたり演じたりしようと、「自分軸」の成長だけに必死になってしまった。だから、真実を見失ってしまったのである。

そして、今。いろいろなことが叶ったはず、思い通りになったはず、それなのに、何か違う、どこか満たされない。あれっ? 私たちは、そもそも何のために誰のために、美しくなりたかったんだっけ? そう、美しさが独りよがりになっていたことに、改めて気づかされたのだ。

こうして私たちは、見た目を超えて、内面が重要だと思うようになった。いや、見た目は内面の表れと思えるようになった。今、美しいのは、まわりを大切にし、まわりに大切にされる人、誰かを愛し、誰かに愛される人、ぶれない芯を持ちながら、しなやかに生きられる人……。内面や行動も含めて、まわりの人たちを心地よくしたり明るくしたり、元気にしたり幸せにしたりする魅力を湛え、その輝きが波動になる人を美しいと呼びたい。そんな女性になりたい。心の底からそう思い始めたのである。同時に、こうも思っているはず。美しさの定義は今までもこれからも、変わらない。この価値観は、未来永劫、不変の真理に違いない、と。

肌も心も満たす、化粧品を超える化粧品

女性たちの価値観が明らかに変わった今、化粧品の役割も変わらなきゃ。いち早くそのムードを捉えたのは、つねに女性たちに寄り添い、革新を積み重ねてきたポーラだ。女性たちの今に応えたい、その思いから、まわりにも自分にもポジティブな影響を与える美しさとは何かを、徹底的に研究、具体的に解明したという。そうして辿り着いた結論は、頰全体にふっくらとした立体的な丸みがあり、ほうれい線が目立たない顔立ち。たるみを感じさせない顔立ちが、今の女性たちが求めている美しさだってこと。

そこで、ポーラのサイエンスが挑んだ新領域。それは、たるみがなく立体的な顔立ちの鍵がRCにあるとの新発見だ。RCとは、皮下組織の中で編み目のように張り巡らされている繊維構造のことで、皮下組織を柱のように支えている、皮膚の支持帯のこと。たとえるなら、マットのスプリングみたいなもので、肌の立体感を保つのに、重要な役割を果たすという。つまり、ポジティブな印象は、これまでにない深度からのアプローチが叶える……。この理論は、世界各国の化粧品技術者が研究発表をするIFSCCで最優秀賞を受賞したという、世界で認められた革新なのだ。

肌や顔立ちへの効果は、言わずもがな。美しさに社会性や文化性が不可欠と確信した女性たちに向けての価値は、それだけでは物足りない。見てわくわく、触れてどきどき。なじませてはっとし、香ってほっとする。五感から肌へ、肌から五感へとエネルギーや輝きが広がり、結果、まわりへと広がる……。とうとう、化粧品が化粧品を超える時代がやってきたのだ。

そういえば、と思い出した。尊敬する女性の「人を幸せにして初めて、美しいと言えるのよ」という言葉を。隣にいる人のために、どんな表情でありたいのか、どんな肌でありたいのか。どんな心でありたいのか。そう問いかけると、自ずと正解が見える。今、私たちのスキンケアが変わる予感。そして、人生も。

心は前向き!肌は上向き!最先端研究が生み出した個性派クリームって!?

前代未聞の心躍るスキンケア

自然と笑顔になる。自然と優しくなる。まわりとの関係がもっともっと深まっていく……。そのために化粧品は何ができるのか? 突き詰めた結果、誕生するV リゾネイティッククリームは発想も実感も前代未聞。これぞ心躍らせるサイエンスの新領域!

目指すはポジティブ印象肌

ポジティブな印象を与える肌って? それは、潤いや艶で満たされた立体的なふっくら肌。そこで、透明感やハリ感をサポートする保湿成分を配合。女性と肌を見つめてきたポーラだからこそ叶う、ポジティブ印象肌を目指す!

たるみのない顔立ちの鍵を発見!

さらに、ポジティブ印象を生む顔立ちへのアプローチ。研究から導き出された新発見はその鍵が皮下組織のRCにあるということ。先進のポーラオリジナル保湿美容成分「R.Cエキス」を配合。見て触れてポジティブな気持ちになる肌って、こんな肌!

心を包み込む感触と香り

濃厚な感触が肌を包み込むと同時にむちっと柔らか、つるんと滑らか、グラマラスなハリと艶へ。同時に広がるのはリラックス&リフレッシュを叶えるフレッシュグリーンティーの香り。パッケージやスパチュラのユニークネスまでもが、心に働きかけ、肌へと届く!

現代女性の感性に訴えかけ、心まで満たしながら、未来の肌と唯一無二の美しさを紡ぐ次世代スキンケア。V リゾネイティッククリーム 50g ¥58000(10/6発売)

shop information

コスメ&エステショップ「ポーラ ザ ビューティー」(全国約650店舗)をはじめとする全国約4600店のポーラショップ、全国有名百貨店(全国51店舗)ポーラコーナーにて販売します。

お近くのお店はこちらから!www.pola.co.jp

撮影/吉田健一 デザイン/ma-hgra 文/松本千登世

協力/ポーラお客さま相談室 0120・117111 www.pola.co.jp