photo

30代からのエイジングケアのはじめかた

20代のときとは肌が変わった気はするけれど、エイジングケアは私にはまだ早い? 未来の肌に不安はあるけど、まずは何から始めたら……?そんなあなたは必読です!

question

エイジングケアをはじめるべき7つのサインって?

シワ、クマ、くすみにお疲れ感など……。顔に“影”が出てきたと感じたら、エイジングケアのはじめどきかも!?

check!

  • 自分は元気なのに、周りから“疲れてる?”と聞かれる。
  • 化粧品の浸透が悪い。肌の硬さやザラつきも気になる。
  • ファンデが崩れやすく、お昼のお化粧直しは欠かせない。
  • パウダリーファンデを塗ると、毛穴が余計目立ってしまう。
  • 夕方、目の下にアイシャドウが落ちたような影ができる。
  • 頬のボリューム感が減り、なんだかしぼんできた気がする。
  • ホウレイ線がなんとなく長くのびてきたように感じる。

5つ以上当てはまったら、今すぐエイジングケアをはじめよう!

※首都圏に住む20歳・74歳の女性1224人
2015年ポーラ文化研究所調べ

30代からのエイジングケアのはじめかた

どんなアイテムから始めるべき?

まずは、総合的な美容液を1品投入するのがおすすめ。有効成分を高濃度で配合できるので、効果実感の早さが違います。いつものスキンケアにひとつ、豪華な美容液を加えたことで、“肌が変わった”と実感した自分の経験からそう思います。

どんな美容液を選ぶべき?

1回で効果を感じられる即効性の高いもの。今はテクスチャーがとても進化しているから、使って気持ちがいいのはもちろん、“効いた!”と実感できるものも豊富。せっかく使うなら“毎日続けたい”と自分をやる気にさせてくれるものを。

どんなふうに使うのが効果的?

朝晩2回、適量を毎日使うのがいちばん。下り始めた世代の肌には、落ち込む隙を与えず、その日のうちにあるべき姿に戻すことで、プラスの体力がつくと思います。今から未来の肌に先回りしてケアを始めれば、転ばぬ先の杖になるはずです。

recommend

「B.A セラム レブアップ」の30代へのおすすめポイントは?

落ち込み始めた30代の肌には、与えるケアも大切だけど、
まずは、きちんと立て直し、リセットできるケアが必要。
この美容液は“自浄サイクル”に着目し、肌が本来持つ力を引き出すアプローチ。
エイジングケアのファーストステップにぴったりだと思います。

point1

15000円以下なのにスゴイ!

これ1本で全方位的に肌を底上げする力強さが! ハリやツヤが巡るイキイキした肌はたとえ小さなシミやシワがあっても、きれいに見えると実感させてくれます。

point2

数々のコスメアワードを受賞している

多くの受賞歴があるというのは、肌質や年齢を超えて効果が感じられたということ。ぼんやりとした不安を抱える30代の肌にもぴったり。信頼感もありますね。

VOCE2016年下半期ベストコスメ
スキンケア部門 優秀賞受賞!

肌の持つ“自浄サイクル”の低下という着眼点や、浸透力抜群の使用感、即効で感じられる肌のハリや潤い感の変化に高評価が続出。“肌が変わる”と定評のあるB.Aのエントリーアイテムとしておすすめする声も多数!

point3

即効性に優れ実感が速い

塗るとすぐにツヤが出て、ふわっと明るい透明感のある肌に。ハリのあるつるんとした肌になるので、朝使うとメイクのりが格段によくなるのを感じます。

ポーラ独自研究「自浄サイクル」
がスゴい!

“自浄サイクル”とは、劣化したヒアルロン酸やコラーゲンを再生する、肌がもともと持つ機能。加齢や酸化ストレスの影響で働きが弱まると、肌はゴワつき、しぼんだ印象になり、ヒアルロン酸やコラーゲンを新たに生み出す力まで低下することを世界で初めて解明。

30代VOCE編集部員の お試しレポ公開

VOCEウェブサイト編集長
三好さやか(35)

塗った直後からツヤとふっくら感が。でも何よりすごいのは3日目の朝! 「あれ?昨日メイクオフ忘れた?」と思うほど、キメの整った自分の肌に感動。何度でも塗り重ねたくなる、“うるっ”but“さらっ”なテクスチャーも好み♡

ファンデが薄くなりました、だって肌に自信があるから!

VOCEエディター
鏡裕子(34)

サラッとしていてベタつかないのに、塗った直後から肌のハリUPを実感。気になっていた目尻が上がりますように……と祈りながらちょっと厚めに塗り続けたところ、美顔器で丁寧にケアした後のようにリフトアップ!

涼しい顔で結果を出す実力派

問い合わせ先/ポーラ公式オンラインストア

net.pola.co.jp

ポーラメールオーダーデスク

0120-366-466

staff credit

  • 撮影:金栄珠(人物)
  • 取材・文:小池菜奈子
  • 構成:藤平奈那子(VOCE)