1. #クボメイク アイライナーで新しい私、始まる!!
久保雄司

インクストローク アイライナーはNASUBI PURPLEを使用。名前も可愛すぎますよね(笑)。もちろん、決して派手な紫ではないんだけど、黒の中になんとなく色みを感じさせる絶妙さがいい。よーく見たら“さりげなく赤っぽい”っていうのは、ヌケ感が出るから、メイク好きや大人の女性に楽しんでもらえると思います。同日発売の、ペーパーライト クリーム アイカラーもかなり優秀で可愛いアイテム。鮮やかな色って使いづらいと思うんだけれど、ぜひともチャレンジしてもらいたい!今回はオレンジで囲み目風にしたのですが、上まぶたにはグレーを混ぜているんです。このグレーでくすみオレンジをつくったことと、ダークパープルのアイライナーでキワをしめることで、ただのイノセントじゃない、大人なイノセントメイクの完成です。

オレンジイノセントメイク セット

USED ITEMS

A

資生堂 ペーパーライト クリーム アイカラー
GY908 ¥3000

B

資生堂 ペーパーライト クリーム アイカラー
OR707 ¥3000

C

資生堂 インクストローク アイライナー
VI605 NASUBI PURPLE ¥3500

D

資生堂 ルージュ ルージュOR417 ¥3600

HOW TO MAKE-UP
1

くすみオレンジをアイホール広めにオン

ペーパーライト クリーム アイカラー GY908とOR707を手の甲で混ぜ、アイホール広め、眉下くらいまで大胆に指でのせて。グレーでくすませていることで、鮮やかになりすぎないから、広めに入れてOK。グレーのアイカラーをアイシャドウ下地として先に仕込んで、上からオレンジのアイカラーをのせるのもあり。オレンジの発色の具合を調整したい人はこちらの方法でトライ。

2

下まぶたにオレンジをのせる

下まぶたには、グレーのアイカラーは足さずにオレンジのみを。目の下はくすませると顔全体の印象が暗く見えすぎてしまうので要注意。もちろん指でのせてもいいし、細かいところまでピタッと色をのせられる、インクストローク アイライナー ブラシを使うのも手。目頭から目尻まで、1mm幅くらいで入れる。

3

ダークパープルのアイライナーで目もとをしめる

黒目の中央から目尻に向かって、インクストローク アイライナー VI605をひく。このとき、目頭はあけてヌケ感を出すのがポイント。オレンジのやわらかい囲み目が引きしまり、イノセントなのに大人っぽい印象に。アイラインは、目尻側が太くなるように、でもはね上げないようにまっすぐ。最後に、ベージュのリップを唇全体に直塗りし、その上からオレンジのリップをポンポンと指でのせれば、“オレンジ イノセント ガール”の完成!

久保雄司
Point!
インクストローク アイライナー ブラシは、
アイシャドウブラシとしても使える!

今回、下まぶたに入れたオレンジシャドウは、アイライナー ブラシで入れてみました。この30度の角度が絶妙で、下まぶたのようにメイクしづらいところも、楽ちん。付属じゃないブラシでメイクするのって、上級者っぽいって思いがちだけれど、逆に初心者にこそ買ってもらいたい、使いやすいブラシですね。

協力/資生堂インターナショナル

0120-814710(9時~17時/土・日・祝日を除く)

www.shiseido.co.jp/gb/

※資生堂のアイテムは全国の百貨店、または資生堂ウェブサイト ワタシプラスで取り扱っています。

  • staff credit
  • ​撮影 : 向山裕信/vale.(人物)、伊藤泰寛(静物)
  • スタイリング : 斉藤くみ/SIGNO
  • ヘアメイク : 久保雄司
  • モデル : 林田岬優
  • 構成・文 : 三好さやか
  • ​【動画】
  • アートディレクター : 千原徹也/れもんらいふ
  • デザイナー : 永瀬由衣/れもんらいふ
  • プロデューサー : 楢木照正
  • ディレクター : 三木真人
  • カメラマン : 守田実
  • 照明 : 中上歩
  • 楽曲提供 : 吉澤嘉代子