触れる動画で学ぶ! 長井かおり presents 2020 A/W 2つのトレンド顔のつくりかた

秋冬のトレンド顔を叶えるメイクを、VOCEでもおなじみの人気ヘア&メイクアップアーティスト長井かおりさんが指南! 今なりたいのは、「うぶピュア顔」? それとも「シャレ感モード顔」? 触れる動画でプロセスをチェックしながら、旬顔メイクにトライしてみて♡

LOOK

今っぽピンクでつくるうぶピュア顔

Comment

うぶでピュアな印象に見せたいなら、肌はシンプルにして、目もと、口もと、頬にそれぞれ主役級のカラーを仕込むのが◎。ベースは白浮きしないのに、発光したような肌が手に入るすっぴんメイカーだけでOK。アイシャドウは指塗りをすると曖昧さが出て肌に溶け込みます。さらに眉毛にものせるとピュア度がアップ。オレンジチークは可愛くなりすぎないのに清潔感が出て好印象に。リップは華やかな赤系で引き算をしないのが正解! 色×色にするほうが、ヌケ感が出てトレンド顔になれますよ。

新感覚の触れる動画! 使用アイテム&メイクのHOW TOは動画でCHECK!

※動画内右上の吹き出しはONにすると商品名が常時表示され、OFFで非表示になります。

ITEMS USED

A.アプリのように瞬間補正を可能にするCCリキッド。インテグレート すっぴんメイカー CCリキッド ¥1400B.瞳の色になじむブラウンカラーで自然に目元を大きく見せる。マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ S RD332 ¥2800C.内側から輝くような立体感を生み出すオレンジチーク。SHISEIDO インナーグロウ チークパウダー 06 ¥4000D.うるおい溢れるツヤリップを自在に作ることができる。マキアージュ ドラマティックルージュEX RD430 ¥2800

LOOK

アイラインがポイント!シャレ感モード顔

Comment

遊び心のある目元でモードに仕上げるメイクには、フラットなパウダースキンがハマります。ポイントになる目元の2重ラインは、ブラウンレッドとホワイトの2色使いがおすすめ。締め色と締めない色を一緒に使うことで、目ヂカラをアップさせながら、ヌケ感やオシャレ感を演出することができますよ! もう一つのポイントは、クリーミーなマットリップを口元だけじゃなく、チークにも塗布してワントーンに揃えること。目元に個性を出すときは、リップ&チークを同じにする法則を使うと失敗知らずのモードメイクがキマるはず!

新感覚の触れる動画! 使用アイテム&メイクのHOW TOは動画でCHECK!

※動画内右上の吹き出しはONにすると商品名が常時表示され、OFFで非表示になります。

ITEMS USED

A.ラベンダーカラーで仕上がりをトーンアップ。マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX トーンアップ SPF25・PA+++ 25ml ¥2600B.おしろいなのにファンデ級のカバー力を実現! マキアージュ ドラマティックフェイスパウダー SPF18・PA++ 全3色 ¥3800(セット価格)C.肌に自然に溶け込んで立体顔に。SHISEIDO インナーグロウ チークパウダー 01 ¥4000D.トレンドのブラウンレッドのアイクレヨン。SHISEIDO カジャルインクアーティスト 04E.ホワイトカラーで遊びをプラス。同 10 ¥2200F.ふんわり眉を自然に作り出すパウダー仕上げ。インテグレート ニュアンスアイブローマスカラ BR671 ¥800G.マット質感なのにやわらかなテクスチャーで自然になじむリップの限定サイズ。SHISEIDO モダンマット パウダーリップスティック ミニセット リミテッド エディション ¥3000(3色セット価格 限定発売・508を使用)

※価格は参考小売価格です(店舗によって異なる場合があります)

【シャレ感モード顔】<松本愛さん>ブラウス¥45000/パノルモ ジャケット¥30000/カイコー イヤカフ¥12000、リング¥12000/共にジュエッテ <長井かおりさん>トップス¥45000/アプレドゥマン(マサコ テラニシ) イヤリング¥12,000/ジェンマ アルス

【うぶピュア顔】<松本愛さん>ワンピース(参考商品)/オフィス サプライズ(アデリー) イヤリング¥8000/ジェンマ アルス リング¥14000/ジュエッテ <長井かおりさん>ブラウス¥48000/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) ジャンプスーツ¥59000/リエカ イノウエ ヌー イヤリング¥22,000/ジュエッテ

staff credit

  • 撮影:野田若葉(TRON/人物)、水野昭子(静物)
  • ヘアメイク:長井かおり
  • モデル:松本愛
  • スタイリング:押田綾佳
  • 動画撮影:上田昌輝
  • 動画編集:吉永藍
  • デザイン:須納瀬純
  • 取材・文:戸塚真琴