スカルプケアシステム クレンザー

スティーブンノルスカルプケアシステム クレンザー

毛穴の汚れをすっきりオフ
できる確かな洗浄力

頭皮の毛穴汚れ、ベタつきにフィーチャーしたシャンプー。スキンケアにも使用されるオイルクレンジング成分を配合、詰まった汚れもきちんとオフ。泡立ちはもっちり、すすいだ後に髪がきしまないのも◎。

500ml ¥1760(編集部調べ)/コーセー

ロッキンムーブ

ダンスデザインチューナーロッキンムーブ

ヘアスタイルがカチッと
キマる実力派ワックス

ヘアメイクからの支持率が高かったヘアワックス。狙い通りのスタイルがカチッとキマるハードワックスは、ベタつかないのもいいところ。長時間ヘアスタイルをキープできるから、自分らしくいられるよき相棒に。

80g ¥1980/アリミノ

モイストグロー ヘアバーム

アルジェランモイストグロー ヘアバーム

マルチなスタイリングが
楽しめるヘアバーム

シアバターやミツロウなどの天然のワックス成分を9割、残りの1割はヒマワリオイルなどの植物オイルをブレンド。ほどよいキープ力、毛先に動きを出す、全体をウエットにまとめる、とマルチなスタイリングが可能。

32g ¥1870/マツモトキヨシ

薬用育毛トニック 無香料

サクセス薬用育毛トニック 無香料

じゅわっ! と届くミクロ
炭酸ジェットに期待大

独自開発の有効成分、t-フラバノンが毛球に作用。抜けにくく強い髪を目指す育毛剤。ポイントは毛穴の奥まで届く力強いミクロ炭酸ジェット。血行が促進され、すみずみまで栄養が届いていくよう。

<医薬部外品> 180g  オープン価格/花王

スカルプシャンプー オイリー

スカルプD オーガニックスカルプシャンプー オイリー

頭皮のタイプに合わせて
植物エキスを厳選して配合

フケやかゆみといった頭皮トラブルを抱える男性に向けた、オーガニックヘアケアブランドが誕生。メイドインジャパンの植物エキスを配合して頭皮をケア。アロマティックハーブの香りですがすがしい気分に。

350ml ¥1986/アンファー

スカルプケアシャンプー、スカルプケアコンディショナー

デオコスカルプケアシャンプー、スカルプケアコンディショナー

髪や頭皮のニオイをケア
して清潔感マシマシに

「頭皮のオトナ臭」に着目したシリーズから、2021年、待望のシャンプー&コンディショナーが誕生。洗っても残りがちなニオイのもとを落とす、オリジナルの洗浄技術を採用。洗い上がりに残るのはほんのり甘い香り。

350ml ¥1540(編集部調べ)、350g ¥1540(編集部調べ)/ロート製薬

ビカッサヘッドセラムα

アユーラビカッサヘッドセラムα

“塗るカッサ”との呼び名も
納得できる頭皮のほぐれぶり

たれてこない絶妙なとろみとすーっとした清涼感のある美容液。こり固まってカチコチになった頭皮もマッサージしながらなじませることで柔軟に整える。頭皮と髪の両方のコンディションを上げてくれる。

120ml ¥4730

リンシングビネガー うるツヤモリンガ

イヴ・ロシェリンシングビネガー うるツヤモリンガ

モリンガのパワーでミクロ
レベルの汚れもオフ!

イヴ・ロシェはフランス生まれのビューティケアランド。リンシングビネガーはシャンプー、コンディショナーの後にプラスして使う仕上げの一品。地肌と髪に潤いを与えて、するんと指通りのいい状態へと整える。

150ml ¥1100/イオンレーヴコスメ

活潤ヘッドクレンズ

米肌活潤ヘッドクレンズ

おうちがスパに!?
クリームシャンプーで極楽マッサージ

いつものシャンプーやコンディショナーの代わりに、ヘッドスパ感覚で使いたいスペシャルケアアイテム。ライスパワーⓇNo.1-Eを配合し、ダメージを受けた髪を補修。さらに頭皮の皮脂バランスもコントロール。

250g ¥2750/コーセープロビジョン

【2021最新ランキング】VOCEメンズコスメアワードーVOCE Passioneー
About this AWARD
VOCE Passione (ヴォーチェ パッショーネ)とは?

VOCEから誕生した、令和時代のメンズ美容を熱量MAXで応援するプロジェクト。スキンケアやメイクなどを、男性の身だしなみとして提案します。ファッションの一部として美容を取り入れる読者だけではなく全男性に向けて、日々の暮らしを心地よくする選択肢の一つとしてのメンズ美容をご紹介。ちなみに「パッショーネ」とは情熱を意味するイタリア語。熱く楽しくビューティコンテンツをお届けしていきます。

選考方法
「VOCE Passione」メンズコスメアワードプロジェクトチームが、全17部門のノミネートコスメをセレクト。部門毎に振り分けられたノミネートコスメの中から、ジャーナリスト、スペシャリスト、ヘア&メイクアップアーティスト、エディターが審査。選者は各部門最大3アイテムまで、メンズコスメアワードの投票権を有す。合計得票数を算出し、得票数順に全17部門の第1位〜第3位を決定。さらに各部門の第1位から、最も得票数の多いアイテムを「グランプリ」、次点を「準グランプリ」としている。3年連続部門第1位を獲得したコスメは「殿堂入り」となり、次回以降のメンズコスメアワードにおいてノミネートコスメの対象外となる。各選者は、1アイテムずつ個人賞も選出。また、デビューもしくは日本上陸2年以内のブランドから、「VOCE Passione」メンズコスメアワードプロジェクトチームがルーキー賞を決定している。
選考対象期間
現行発売商品を対象とする(限定品は除く)
審査委員
青木良文/石川ユウキ/植松晃士/岡部美代治/小田切ヒロ/KUBOKI/小嶋克佳/JUN/Tommy/はーたん/牧野雄大/三谷徹/宮永えいと/村上宏明/大木光/渕祐貴

staff credit

  • 撮影:加藤純平(受賞コスメ)、猪原悠(個人賞、ルーキー賞、ノミネートコスメ)
  • スタイリング:今吉高士(受賞コスメ・Kichi)
  • 取材・文:金子優子、剱持百香、戸塚真琴、丸岡彩子